FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

真夏の夕日を浴びて 


 8月に入って暑さがまだまだ続きますね。

 猛暑ですが、ちょっくら撮りに来てみました。

 DSC_3381_2196

 


 

 道はだいたい覚えたので新船橋から乗車。

 DSC_3377_2195

 どことなく懐かしい感じのホーム。東武ではありがちな対面式高架のホームです。

 撮影地としてはここもいいのですが、ダイヤの都合で非常にかぶりが多いのでパスで。

 DSC_3021_2201

 61608F。ためし撮りの一枚なので構図が安定していません。

 しかし相変わらず眠そうなライトですね。

 DSC_3027_2203

 61611F。パンタがまだ銀色の箇所があり新しさを感じますね。

 最新は61616Fなのでものすごく新しい編成ではないですが・・・。

 
DSC_3034_2205

 81113F。ちょっと構図がずれました。

 昨年度はチーバくんとコバトンラッピングでおなじみの編成でしたが、ただの8000系に戻りました(笑)。

 
 DSC_3039_2207

 8163F。10日ほど前に出場したばかりのピカピカな編成。

 その床下が良く見えませんが、実際に見るととてもきれいでした。
 
 DSC_3040_2208

 さらにもう一枚(笑)。幕車の出場後は見る機会がかなり減っています。

 8163Fは現役幕車でもっとも新しい編成ですが、この時点で検査したので今年度の置き換えは無い可能性が高いです。

 DSC_3046_2213

 8164F。だいぶ夕日らしくなってきました。

 意外にも初撮影の編成でした。

 DSC_3056_2216

 11636F。前回も撮ったような・・・と思ったら11635Fでした。

 更新車はかっこよさが売りですね。

 DSC_3059_2210

 8172F。一時間でだいぶ暗くなりました。

 前面が半面逆光の姿もまたいいもんです。

 DSC_3065_2219

 61615F。現段階では2番目に新しい車両。

 60000系に関してはハイビームにしてもらうとかえって嬉しいのですが・・・(笑)。



 これにて終了。

 DSC_3380_2197

 連写したのでさっきとは微妙に違う写真です。

 行きも帰りも乗車したのは81113F。LEDや自動放送のつくいわゆるスーパー8000でした。

 この暑いときに強冷房は涼しかったです。

 でもせっかくの柔らか座席が、この編成はバケットシートに改造されているのがちょっと違和感です。

 


 新船橋から徒歩でおなじみの東海神。

 DSC_3384_2198

 15101F。15000系のトップナンバーでした。また15000系

 流し撮りはご覧のありさまですが、とりあえず撮影。

 そういえば東西線は定期運用で99Sがあって面白いですね。

 
 DSC_3387_2199

 なぜか知りませんが所要時間が表示されるときとされない時があるのですが、どういう関係でしょう。 

 DSC_3388_2200
 
 それにしてもいつみても大きなワイドドア。

 

 この日は柏⇒船橋で8000系を4本も見れたのでよかったです。

 幕車は5本中1本だけで他は大宮方面か車庫でおやすみ中でした。

 いつも通り余談ですが、野田線の接近放送はかつて本線で使用していたタイプで懐かしかったです。

 行き先を言わない放送ですが、まだあったんですね。
 

 それでは。 
 
  

スポンサーサイト

2015-08-05 23:31 : 東武鉄道 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

A線

Author:A線
ネタは少なめ、気ままに更新しています。
ジャンルは鉄道を中心に、旅行や本などを予定中。

flickr

sazakaizi1. Get yours at bighugelabs.com

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。