FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- --:-- : スポンサー広告 :

秩父鉄道 ~1000系を探しに・・・


 元国鉄の101系であり、間もなく引退する秩父鉄道 1000系の1003Fを撮影しに出かけました。

DSC_1700_839.jpg

 非冷房の車両も貴重なものとなっていく中、ここでは現役な車両がいました。

 続きを読むへ。
 




DSC_1744_837.jpg

 この1年間で4回目となる秩父鉄道です。 今回は1000系が主役なので、写真はほとんど1000系です。

 

 朝、6時前に出発し、伊勢崎線で羽生まで。羽生からは秩父路遊々フリーきっぷを購入。
 
 この1000系のイベントのため、期間限定で1000系仕様のデザインになっています。

 また、熊谷駅、三峰口駅で乗車券を提示するとこのようなカードがもらえました。(左が熊谷駅、右が三峰口駅)

 秩父鉄道の1000系への力の入れようがよくわかりますね。

 詳しくは秩父鉄道のHPに掲載されています。



DSC_1681_841.jpg

DSC_1680_875.jpg
 あらかじめ調べておいた有名撮影地 新郷駅で下車します。


DSC_1740_858.jpg
 ここ、新郷から武州荒木間は直線が続き、わきには並行して道があるので、秩父鉄道の写真にはもってこいというわけです。新郷駅から歩いて5分くらいです。

 車もほとんど通りませんでした。



 早速、撮影開始!
DSC_0010_860.jpg
 朝一の運用。羽生行。7:31

 この位置・この構図だと朝が一番いいですね!おもわずガッツポーズ。

 朝日を浴びて終点の羽生へ。パンタなしが正面に来る方が好きです。



DSC_0015_864.jpg
 2両の7800系が三峰口へ。ブラックフェイスは目立ちます。 7:32

 短いとはいえ、カッコイイお顔つきで。


DSC_0020_838.jpg
 急行 秩父路号用の6000系。 7:46
 
 以前乗りましたが、乗り心地がいいのが自慢です。色もさわやかできれいだと思います。


DSC_0027_874.jpg
 折り返しの熊谷行が来たので、後追い。7:48

 パッと見れば101系そのものです。オレンジの車両っていいですよね。


 ここで、いったん次の列車で熊谷駅に。朝食をとりに、マックに向かいます。
DSC_1685_842.jpg
 留置線には1000系が。逆光ですが写真を撮りました。

DSC_1694_844.jpg
 ドアの開け閉めをしていました。DSC_1689_843.jpg


DSC_1697_845.jpg
 中間車のデハ1103は非冷房。この車両が一番原型に近いのではないでしょうか。

 この中では田窓が一番気に入っているところです。


 食事後は再び、新郷へ。
DSC_0031_862.jpg
 だいぶ日が昇ってきました。 10:02

DSC_0038_863.jpg
 反対側からも7500系が。列車の正面には日が当たらくなりました。
 
 この季節には日が正面に来るのは朝の早い時間のみです。


DSC_0047_865.jpg
 すっかり前面は暗くなり、代わりに側面は色が鮮やかになりました。 10:

 FINAL RUN!のHMがカッコイイですね。



 お次は1000系の「乗り鉄」へ。新郷駅で折り返しを待って、いざ1000系に乗り込みます。

 写真はありませんが、乗客の7割程度が鉄ちゃんだったかとw。

 

 寄居まではぐっすり眠って、寄居からは車内の走行音と景色を存分に楽しみます。
 
 しばらくして、終点の三峰口につきました。

DSC_1712_851[1]
 何分かの停車で発車するので、写真は簡単に撮りました。

 後ろにある山はまだまだ葉っぱもない状態ですが、この組合わせはもうすぐ見られなくなりますね。


DSC_1724_856.jpg
 写真を撮った後は車内の記録を。まずは、非冷房車の中間車 デハ1103の天井を。

 冷房装置がないため、高い天井を持つのが特徴。

DSC_1731_857.jpg
 扇風機。いまだに大手町を走る某車両にはついていますが…。

DSC_1706_848.jpg
 戸袋窓が好き。

DSC_1717_854.jpg

DSC_1720_855.jpg

DSC_1710_849.jpg
 
 ところどころ塗装がはがれかかっているところに、年季を感じます。リバイバルとしてのカラーなので、オレンジに塗ってからはまだ数年ですが。



DSC_1715_852.jpg

DSC_1716_853.jpg


DSC_1709_850.jpg
 昭和37年製ということは、東京オリンピックより昔に製造されたんですね。西暦だと1962年。

 今年で51年と少し。初期の東武8000系と同じくらい。

 そう考えると、東武もすごいですね。


 ここから折り返して乗車し、1000系で再び新郷駅へ。これだけ乗っていると、かなり印象に残りますw。
 かなり長い時間の乗り鉄になり、少し疲れました。

 

DSC_0062_867.jpg
 やや曇ってはきましたが、今度は熊谷・三峰口方面を正面にしました。 15:07

 パンタが切れないか心配でしたが、何とか大丈夫でした。
 この写真では国鉄101系ではなく、パンタにより完全に秩父鉄道の特徴が出ています。

DSC_0077_868.jpg
 後追いですが、また7800系です。当日は本当に遭遇率が高かったです。
 

DSC_0085_869.jpg
 逆光がひどいですが、さっきの熊谷行の折り返しです。午前の2回目とは若干違う構図です。 15:51

DSC_0088_873.jpg
 後追い。この時間だと正面のみ順光です。  なんだか哀愁が漂ってきました。



 そして、最後は熊谷行をもう一回。側面を順光にするため、踏切を渡って反対側へ。

DSC_0100_872.jpg
 夕日を受けて走り去る1003F。 直前に晴れてくれました。

 実のところピントが架線柱に・・・だったため、少しピントが甘いですorz。しかし、記録としては十分かと。

 
 かつて新性能電車として登場し、その後の103系などのもとになった101系。
 引退後はここ、秩父鉄道で走り続け、ついに来週の3連休にイベント用として走行して引退します。

 他にもスカイブルーやカナリヤイエローなども走っていましたが、最後まで残ったのはこのオレンジバーミリオンでした。先日の大雪により、秩父鉄道のオリジナルカラーの白い車体の1000系は、イベントが中止されてしまいましたが、この色だけはしっかり走ってほしいですね。


 今回は編成の写真ばかりですが、風景に溶け込んだ1000系の写真は11月に2回もとってきたので編成写真を優先。

 機会があれば、11月の方も書こうかなと思っています。



 この1000系は固定運用についていて、運転時刻をHP公開してくれた秩父鉄道には感謝です。

 晴天に恵まれたいい日で、今回はちょうどいい機会でした。 


 


 今回の旅は疲れましたが、気に入った満足できる写真を何枚かとる事が出来たので、いい記録になりました。

 
 それでは。
 
 

スポンサーサイト

2014-03-18 17:51 : 私鉄 : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

プロフィール

A線

Author:A線
ネタは少なめ、気ままに更新しています。
ジャンルは鉄道を中心に、旅行や本などを予定中。

flickr

sazakaizi1. Get yours at bighugelabs.com

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。