FC2ブログ

ぐるり房総半島 


年明け前の12/29に房総半島を一周してきました。
はじめは最南端の野島崎灯台を目指すだけだったのですが、いつのまにか一周していました。

DSC_1161

途中ハイウェイオアシス富楽里(ふらり)に寄りました。
PAでもSAでもない「ハイウェイオアシス」ってなんだろうと思い、Wikiで調べてみると

"高速道路沿いにあり、SAやPAと一般道路沿いにある休憩施設である道の駅を合わせたような施設"

だそうです。SAよりも規模の大きい大型施設と考えればいいでしょうか。

DSC_1165

DSC_1162

お昼は館山にある海鮮丼がいただけるお食事処へ。
なぜか温泉饅頭のようなものもついてきました。さすが海が近いだけあって、ボリューミーで満足です。

ちょっと遅めのお昼をいただいてから野島崎を目指します。

DSC_1176

一般道を南下し、やってきました野島崎!
早速灯台に上ってみます。

DSC_1172

DSC_1173

この緑色の台座はライトの真下をうつしたもの。
間近で見ると迫力がありますね。

DSC_1168

DSC_1175

灯台の外に出てみると、眼下には太平洋を望めました。夕方が近かったのでややオレンジ色の太陽がまぶしい。
個人的に海は夏もいいのですが、冬の澄んだ空に映える海がすきです。

DSC_1177

DSC_1179

灯台を見た後は、周辺の海沿いを散歩。
房総半島最南端の地を示すモニュメントが、野島崎に来たことを強調させますね!

周辺をかるく散歩した後は車に戻り、外房沿いを北上します。
理由はみてみたい場所がありまして・・

DSC_1182

さあここはどこでしょう。ヒントは背景の駅舎。
正解は外房線の行川アイアンドです。

このブログになる前の以前のブログでも紹介したことがありましたが、久々に来ました。
しかも車で来れたのが感無量(大げさ)でした。夜は一層雰囲気を感じますが、国道沿いなので意外と明るかったです。

肝心の行川アイランド跡地ですが、さすがにこの時間では暗くて外観すら写真に収められず・・。当たり前ですね。
ただ来ただけではもったいないので、運転してきたProboxと一緒に1枚。

う~ん、やっぱりマイナーチェンジ後のProboxはかっこよくなったなぁ。しみじみ。
わざわざライトもつけての撮影でした(笑)。



軽く行川アイランドの跡地を見学(といっても車で駐車場を少し見ただけですが)、再び外房を北上し東金から高速に乗りました。
さすがに夜の千葉東金道路はスカスカでした。




2019-02-01_11-39-47

オービスアプリを起動していたのもあって、GPSが働いた結果、走行ルートが記録されていました。
見事に房総半島を1周したのが一目瞭然でこれまた感無量!

一部友人に運転を代わりましたが、ほとんど自分が運転をしたので最終的には350kmほど運転をしました。
念願?の房総半島1周を完走し、達成感と楽しさがありふれたドライブでした!

スポンサーサイト
2019-02-02 00:11 : 車載動画・ドライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

ぐるり東京湾 アクアライン


気づいたら 年が明たよ 3週間

ちょいちょい気が向いたら更新しようと思っているのですが、意外と忘れがち。



というわけで今日は先月に行ってきた車載動画シリーズを。
ルートはアクアラインの入り口 浮島ICから京葉道の出口 篠崎ICまで。

神奈川から千葉を抜けるルートで東京湾の内側を反時計回りで一周してみました。
初アクアラインでしたが、トンネル内の走行も照明がきれいで、倍速にするとかっこよくて気に入っています。

カメラの性能が・・・・なのでピンボケ気味ではありますが、雰囲気は伝わりますでしょうか。
撮影日は雲はあるものの晴天だったので木更津寄りでは東京湾が一望できました!

館山自動車道も平日日中の上り線はスカスカで快調に運転できました。ドライブはこれが理想ですね!




2019-01-26 00:16 : 車載動画・ドライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

4.5hで九十九里


また1か月ほども前の事になってしまうのですが、初めて高速に乗ったときの映像を投稿したので。
高速は何度か友人と一緒のとき運転したことがあるのですが、一人で運転したのは初めて。



まずは往路。京葉道の篠崎ICから合流、いくつかのジャンクションをぬけて、千葉東金道路の東金ICで下車。
東金ICは千葉東金道路の終点で、その先は国道126号線に接続しています。

DSC_1129

東金からは九十九里に向かい、「蓮沼海浜公園」へ。
画像にある変な形の展望台に上ると・・・・

DSC_1131

DSC_1137

九十九里を眼下に見渡せる素晴らしい景色!
ちなみに海が写っている写真が銚子方面、平野が写っている写真は千葉方面です。

DSC_1143

乗ってきたNOTEと一緒に。
ここの駐車場は平日ともあってガラガラだったのでてきとーに止めたのがよくわかりますね(笑)

俯瞰写真にも写っていますが、ここは土曜などの休日のみの営業なので、平日は半廃墟みたいでした。
夏なんかは大型プールもあるので人気が多そうですが、この時期はほぼ自分のみでした。



そして蓮沼海浜公園では写真撮影とトイレ休憩を含んで15分のみの滞在。
すぐに東京へ戻りました。ルートは往路と一緒です。



このとき行った蓮沼海浜公園ですが、数週間前に友人と一緒に来たことがあるのであらかじめ知ってはいました。
というわけでこのときは手軽に練習するにはちょうどいいという事でここに来たわけです。

タイトルの4.5hは4時間半で往復してきたことを意味します。さすが高速だと速いですね。
雲一つない快晴の11月、ドライブには最適の日でした!



初、一人高速!でしたが、はじめは緊張しますが慣れると一般道よりも楽です。景色もいいですし。
高速は合流と過度な速度超過に注意して運転すればこんなにも楽しいものだと改めて実感!



ちなみにですが、往路と復路で動画編集を変えてあります。ざっくりいうと往路は情報多め、復路は少なめ。
個人的には復路のようなシンプルなほうがいいな~。



2018-12-26 23:58 : 車載動画・ドライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

国道464号線を走ってみた


もう2週間ほどまえなのですが、国道464号線の千葉ニュータウンから印旛日本医大まで走行しました。
その時に撮った映像を編集してYoutubeに公開。



天気が曇りだったのでいまいち映像のうつりがビミョーですが、こんなものかな。
北総線と並走するこの区間は、制限速度も70km/hと通常の一般道よりも高く設定されています。

高速の練習をしてみたかったというのもあって、こちらの道路を選びました。
合流や分岐など高速道路のような環境が整っていますがあくまでも一般道です。



初めて走ったように見えますが、実は撮影する2週間ほど前にも一度きたことがあります。
その時にコースを確認し、カメラをつけて再度出向いたということです。

動画には7倍速にしたこともあってちらっとしか映っていないのですが、北総線も確認できました。
本当に線形も良く北総線と並走したくなりますが、運転には注意が必要ですね(笑)。



2018-12-03 23:24 : 車載動画・ドライブ : コメント : 0 : トラックバック : 0 :

都バス半日乗車


先日はお昼から暇になり、なおかつ見事な秋晴れだったので都内をお出かけ。
安くてのんびりできる「都バス一日乗車券」を購入しました。

46077840762_198a2eed42_k (2)

都バスに乗るのも何か月ぶりでしょうか。いつのまにか2段LEDからLCDになっていました。
しかも車種によっては画像のとおり、広告画面が運転席後部についていたり。都バスも進化しましたね。

調べてみると、どうやら都バスはすべてLCDになったそうです。
2段LED型表示はもう都バスでは見られないという事ですか。

DSC_1126

ルートはとりあえずきたバスに乗ってきたので、以下の通り。
合計8回乗車、通常運賃1600越え

ルート:草63⇒上23(かもしれない)⇒都02⇒都02⇒錦13乙⇒都05-1出入⇒都05-1⇒東42甲 
主な経由地:浅草寿町・上野松坂屋前・大塚駅前・錦糸町駅前・深川車庫前・晴海埠頭・東京駅丸の内南口

写真はほとんど撮れませんでしたが、乗り鉄ならぬ乗りバスとしての意味合いでは楽しめました。
帰宅後は都バスについていろいろと調べてました。興味が出たものはすぐに調べる性格なので(笑)。

今度乗るときはもっと長時間乗ってみたいな。

2018-12-01 21:44 : 日記など : コメント : 0 : トラックバック : 0 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

さざかいじ

Author:さざかいじ
ネタは少なめ、気ままに更新しています。
ジャンルは鉄道を中心に、旅行や本などを予定中。

flickr

sazakaizi1. Get yours at bighugelabs.com

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる